【高校生に無限の可能性を】通信格差に苦しむ100人の生徒へ平等な教育機会を届けたい

通信格差に苦しむ高校生たちへ

Wi-Fiとともに「教育機会」を。

彼らの可能性あふれる「人生」に

無限の「選択肢」を。

 

 

ページをご覧いただきましてありがとうございます。
私達、一般社団法人「HALOMY」は子どもたちが生まれた場所に左右されず、自分の可能性にチャレンジできる環境をつくるために2018年より活動している団体です。

一般社団法人HALOMYホームページ(https://halomy.org/)

 


 

2020年5月より、全国各地で一律10万円の給付が開始されましたが、この給付をもってしても日々の生活に苦しんでいる人は数多くいます。特に教育分野は、早急な支援が欠かせない問題を抱えています。

通信環境の不備によってオンライン教育についていけない「生徒」
一方で、通信環境がない生徒への支援に頭を抱える「学校」

学校は生徒全員にタブレットを配布できても、規定上、特定の生徒に対しての通信環境の充実化はできません。

通信手段を持てない生徒が取り残される今、誰かが手を差し伸べる必要があります。

事実、Wi-Fiルーター提供のためWebページを開設したところ、全国数十校の学校から応募が殺到し、通信格差の問題が明らかになりました。

そのため学校側と協力し、埼玉県の高校を中心に通信費無料のWi-Fiルーターを配布し始めましたが、私たちの財源だけでは全ての学校にWi-Fiルーターを提供することはできません。

混乱する時代から生まれる、“教育の機会格差”をなくすため
誰も取り残されない学校教育を実現するため
みなさまの協力が必要です。

どうぞお力をお貸しください。
通信格差によって、勉強の機会が失われてしまった高校生に
精一杯の支援を届けていきましょう。

 

一般社団法人HALOMY


 

 

このクラウドファンディングで実現できること

 

  1. 生徒へ2ヶ月間無料でWi-Fiルーターを届ける
    クラウドファンディングにて集まったご寄付で最大100人分の学びの機会を確保できます。
  2.  

  3. オンライン上の学習環境の充実
    学習習慣の定着に役立つ様々なオンライン教材や、悩みの相談窓口などの情報を合わせて生徒へ提供します。

 

 

通信格差の現実
-通信環境を持てない生徒はこんなにも多い-

 

コロナ禍の影響で、オンライン上で勉強ができない生徒は様々な苦しみに直面しています。

 

  • オンライン上のショートホームルームや個人面談、授業に参加できない
  • 課題の受け取り、提出ができない
  • 課題をダウンロードするため、Wi-Fiのあるコンビニまで行かなければならない

 

「7人に1人の子供が相対的貧困」といわれている日本社会では、これらの問題を抱えている高校生は数多く想定され、学びの機会は十分に担保されているとはいえません。

実際、世帯年収200万円以下(約1000万世帯)のインターネット利用状況は55%に留まっています。
さらに、それらの世帯のうち、50%は家庭用Wi-Fiがなく、オンライン教育に最適な環境を用意できません。

 

世帯年収別インターネットの利用状況

資料:総務省(2019)通信利用動向調査より

 

また、本プロジェクトがなぜ「高校生」を支援対象にした理由として、

教育ICT環境整備の政策である「GIGAスクール構想」において、家庭への通信支援が高校は対象外となってしまったことが背景にあります。(文部科学省 令和2年度補正予算案)

そのため、通信環境を持たない生徒に対して無料のWi-Fiの提供が必要です。

分散登校が始まった今も、大勢の生徒が家で勉強する環境を強いられています。

通信環境を持たない生徒が失っているものはオンライン学習だけでなく、ICTに習熟する機会も挙げられます。
ICTへの習熟の有無は、これからの未来において大きな教育格差になるでしょう。

通信環境による教育格差をなんとしても食い止めたい。

子供たちが将来、「コロナ禍のせいで、将来の選択肢が狭まってしまった」と言わないために、いま貪欲なサポートが必要なのです。

 

 

 

本プロジェクトに関わるメンバー紹介

 

森川 大地
埼玉県立浦和高校教員
一般社団法人HALOMY監事
埼玉県高校教諭。小学校、中学校、普通科高校、定時制高校を経て現任校。現任校では休校措置に伴い、学校のオンライン化の役割を担い、実施。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。貧困問題、学校外教育にも取り組む。一般社団法人HALOMY監事。NPO法人春日部育英キャリアサポート理事。現在の趣味は「子育て」。

竹之下 倫志
一般社団法人HALOMY理事
事業会社、外資系会計ファームを経て、大学院のメンバーと教育系の一般社団法人HALOMYを設立。高校生のPBL支援などを行う他、教育系イベントの開催などを主に活動を行う。今回の休校期間においては、団体外でもオンラインでの学びの場や、ホームスクーラ―向けのオンラインサロンの立ち上げ、運営に関与。オンラインの学びの功罪を改めて感じるようになる。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)、社会的インパクト評価コンサルタント。

平山 励
特定非営利法人 Social Value Japan
University of Sussex Development Studies MA
専門領域は開発経済学、社会的インパクト評価、コンピューターサイエンス。大学在学中、アフリカのセネガルにてJICAと協働でジェンダー、農業研究に従事。アメリカや韓国大統領選挙での現地取材や、兵庫県丹波篠山市にて地方創生活動の学生団体設立を経て、西オーストラリア大学(UWA)へ留学。現在は、特定非営利法人 Social Value Japan にて、日本の社会的インパクト評価、ソーシャルインパクトボンドに関わる案件を担当。2020年8月からサセックス大学院(IDS)開発学への入学を予定している。

 

 

プロジェクトについての説明

 

プロジェクト構成図

 

  1. 機器の手配
    寄付金を元に、レンタル会社から弊団体が機器を借入。

  2. 配布する生徒の募集
    以下のWebから、学校単位で申し込みを募集。
    学校側は、オンライン化検討にあたっての一斉調査を通じて、通信格差の生徒を把握しているため、充実した通信環境を届けることができます。
    配布対象地区は、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏周辺になります。
    申し込みフォーム: https://forms.gle/YGbfJJXBUN7QGCjSA

  3. 学校への送付~生徒への貸出
    弊団体が学校に機器を送付し、学校側で該当生徒へ提供。
    貸出先は学校が管理し、盗難・故障といったリスクは弊団体が負担することで、生徒は金銭的不安なく機器を利用できます。

 

※クラウドファンディングの締切日に関わらず、ご寄付いただきました時点で、随時Wi-Fiルーターの手配・提供を行います。

 

配布するWi-Fiルーターについて(2020年5月23日現在)

現在、WIMAXの以下の機種を予定しています。
3日10GB の通信制限で、学校の授業等の使用には差し支えありません。今後使用状況等を見て、随時レンタル会社と相談の上、適切な端末に変更してまいります。

 

©https://shibarinashi-wifi.jp/index.php#item

 

 

プロジェクト後について

 

本プロジェクトではWi-Fiルーター提供が生徒に及ぼす効果を分析し、今後の支援内容の改善に活かします。

分析方法として、支援した家庭の親や生徒に「生徒の学習態度はどう変わったのか」「母親や生徒の安心感は増しているのか」などのアンケートを取る計画です。

 

本プロジェクトのロジックモデル(現時点)

 

さらに、本プロジェクトは100人の高校生にWi-Fiを配布して終わるだけでなく、最終的に全国の高校生を対象に支援を拡大させていくことで、通信格差の抜本的解決を目指しています。

 

本プロジェクトの展開スキーム(PTAモデル案)

 

  1. PTAや地域団体を起点にしたモデルの構築・展開
    PTAもしくは青年会議所等の地域団体が、高校生へWi-Fiを貸与するモデルを構築。
    弊団体は、助成金の確保や通信キャリアとWi-Fiルーターの契約交渉、モデル構築のマネージングを担当します。

  2. ICT化支援につながる実践事例共有
    本プロジェクトに関わる学校/教員へのインタビューを通じ、ICT化を実行した際の具体的な知見や効果を収集、発信します。
    必要に応じて教員や学校同士をつなぐことで、ICT事例不足を解消させ学校のICT化を推進させます。

 

 

プロジェクトに対する思い(森川教員)

 

2月28日の休校要請以来、子どもたちは突然「家庭での学習」を余儀なくされました。
現在、各学校では生徒の学びをオンラインでサポートする試行錯誤がなされています。

しかし実際のところ、オンラインでの学習支援が進んでいる学校は多くありません。

その理由として、「通信環境を持てない生徒をどうするか」という、避けて通れない最大の壁があるからです。

また見落とされがちですが、ネグレクトなどの諸事情で通信機器の契約をしていない家庭など、経済的に問題がなくても通信環境を持てない生徒もいます。

私は現在の学校に勤めるまで、小学校や中学校、定時制高校などで困難を抱える生徒や家庭と長くかかわってきました。

一部の生徒に対するオンライン環境設置の重要性は、学校のオンライン化を主担当として進める中で、最も痛感したことでもあります。

また、通信環境を持たない生徒がいる学校では、オンライン教育に踏み切れないというのも事実。

本プロジェクトの立ち上げは、通信環境を持てない生徒がどうしようもなく途方に暮れていること、同じ困難を抱える学校が多数ある現状に対し、教員としてできることを考えた結果です。

高校生達の将来の人生にとって、いま何よりも必要な支援だと、私は信じています。

皆様と力を合わせて、通信環境を持てない生徒へ、学習のためのインフラを届けていきたいです。ご支援の程、宜しくお願い致します。

 

 

Q&A

 

Q. 生徒に配布するのはWi-Fiだけでいいのか?端末も必要なのでは?

A. 学校には端末が用意されており、生徒用への貸し出し可能なケースが多いです。また、使用していない端末を教員やPTA・地域から集める、または数台購入している学校もあります。Wi-Fi端末は規定上、特定の生徒に配布することができません。

 

Q. 休校・分散登校はもう終わるのでは?

A. 休校・分散登校が終わりに差し掛かっていますが、終了後もオフラインとオンラインのハイブリッド型で進めることを決定した学校もあります。さらに、コロナの第2波/第3波でいつ休校になるか分からない状況です。そのため、休校以上にオンライン環境が整っていることが必要です。

 

Q. Wi-Fi環境を整備するのは自治体や学校の業務ではないの?

A. 最終的には整備するのは自治体ですが、時間がかかってしまいがちです。その期間中に通信環境を持てない生徒を支援することが私たちの役目だと思っております。

 

Q. Wi-Fiルーターの貸し出し期間は2カ月でいいのか?

A. 各自治体からの支援がおおよそ9月だと考えており、Wi-Fiルーターの貸し出し期間は2カ月間が妥当だと考えています。

 

 

最後に

本クラウドファンディングについては、ソーシャル・ベンチャー・クラウド株式会社様のご協力の元、使用料を実費(決済手数料)に近い形で実行をさせていただいております。
ご厚意を活かし、皆様から頂きました支援を、より多くの高校生に届けてまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

プロジェクト進捗率 0%

プロジェクト目標 100人の生徒へ2ヶ月間無料でWi-Fiルーターを届ける

資金募集中

大原 律子

このプロジェクトに感謝します。置かれた環境によって、教育機会に格差が生まれることのない様に。少額ですが活動を応援させて下さい。

2020年07月14日 08:13:52

¥10,000

園田真之介

教育ICT化、応援してます!

2020年07月13日 17:17:11

¥5,000

佐藤知美

2020年07月12日 11:18:47

¥40,000

Glocal Government Relationz株式会社

若い人の学びを止めてはいけない、そこに格差による断絶があってはいけないというHALOMYの志に共鳴しました。

2020年07月12日 10:56:09

¥10,000

佐藤 ひな子

2020年07月11日 23:05:18

¥30,000

黒木 昭徳

目標額が達成しますように!!!

2020年07月06日 19:45:30

¥5,000

三浦 良真

2020年06月30日 08:51:50

¥10,000

Anonymous

未来を少しでも明るくできたらいいです。応援しています。

2020年06月29日 21:26:37

¥30,000

岡坂哲夫

応援しております!!

2020年06月29日 12:30:29

¥3,000

古城Kojo Noriko Gucheng憲子

細やかですが応援させていただきます。

2020年06月29日 11:50:13

¥10,000

Masaki Takebayashi

少しでも教育環境が整うことを願っています。

2020年06月28日 22:22:52

¥3,000

高岡 里依

出来ることから!頑張って行きましょう!!

2020年06月28日 21:46:22

¥6,000

西本 楓

本当に困っている人のために、着実を行動を起こしていて、とても素敵だと思います! プロジェクトの成功を楽しみにしています😉

2020年06月28日 19:20:49

¥3,000

Anonymous

一人でも多くの高校生と学校を救いましょう!

2020年06月28日 18:46:06

¥20,000

Junnosuke Urabe

素晴らしいプロジェクトと思いました。一人でも多くの意欲ある学生に、より良い学習環境が与えられたらと思います。

2020年06月28日 13:10:29

¥3,000

Makiko Inoue

的確で素晴らしい課題解決へのアプローチだと思います。行動してくださったこと、感謝です。

2020年06月28日 09:07:20

¥5,000

山中 礼二

大切なプロジェクトと思い、応援しています。頑張ってください!

2020年06月27日 15:29:02

¥5,000

Ray Akimoto

まだまた通信環境が整備されてない現状でしので応援してます。

2020年06月27日 13:16:07

¥10,000

Anonymous

2020年06月27日 10:44:51

¥3,000

鳥居 健介

「課題をダウンロードするため、Wi-Fiのあるコンビニまで行かなければならない」そんな高校生の「学びたい!」気持ちを少しでも支えられますように・・・ 「GIGAスクール構想」で、家庭への通信支援が高校は対象外となっていたとは・・・ 

2020年06月27日 10:31:27

¥5,000

深田 篤

少額で恐縮ですが、応援しています。

2020年06月27日 09:54:51

¥10,000

佐藤 克則

2020年06月27日 09:35:47

¥3,000

高木 下總 涼子

応援しています!

2020年06月27日 08:09:31

¥5,000

森川 哲夫

2020年06月27日 06:41:34

¥100,000

牧 善之

応援しています!

2020年06月26日 22:53:22

¥3,000

平山 櫔

2020年06月26日 09:59:14

¥1,000

Anonymous

2020年06月26日 01:36:00

¥10,000

Anonymous

2020年06月21日 22:57:12

¥1,000

Anonymous

2020年06月21日 22:36:52

¥1,000

Anonymous

2020年06月21日 22:34:20

¥1,000

廣戸惇

2020年06月21日 18:44:13

¥1,000

Anonymous

少額ながらも高校生の支援に役立てられれば幸いです。

2020年06月21日 15:47:19

¥3,000

Anonymous

私の支援が子供達の学びの一助となれば幸いです。

2020年06月18日 21:57:27

¥10,000

Anonymous

wifiの通信速度よりも早い速度で成長して下さい

2020年06月18日 09:24:18

¥3,000

Anonymous

2020年06月17日 21:10:38

¥10,000

Taewook Kim

I hope the online lecturing due to COVID-19 that will not be obstacle for your passion of study.

2020年06月17日 13:46:36

¥40,000

Anonymous

2020年06月12日 09:26:49

¥5,000

到達金額

¥423,000

目標金額: ¥1,000,000

37

支援者数

7

残日数

資金調達タイプ:柔軟型

目標金額に到達しなかった場合でも、集まった金額はプロジェクトに支援されます。

プロジェクトを支援する

一般社団法人HALOMY


  • HALOMYは子どもたちが生まれた場所に左右されず、望めば自分の可能性にチャレンジできる環境をつくるために2018年より活動している団体です。